占い師に向いている人とは?

占い師になる人ってどんな人、どんなところが特徴的なのか分かりますか?よく【勘が鋭い】【生まれ持った力がある】などがありますが、これからご紹介する占い師に向いている人の項目に当てはまったら占い師になれるかもしれません。

占い師として活躍出来る人の特徴は?

昔から勘が鋭いとよく言われていた

勘が鋭いと聞くと”霊感”を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、霊感だけではなくインスピレーション・直感など【第六感】という部分が鋭い方は占い師として適性でしょう。幼いころから勘が鋭かったり、予想したことが当たってしまったり・・・。そんなことが日常に良く起きていた方は占い師向けです。実際に、勘が鋭いことによって的中率も高いですし、利用者は当ててくれる占い師を期待しています。

人生経験が豊富になっていた

占い師の中には辛く、苦しい経験をしたかたも多くいらっしゃいます。そういった苦労をした人は相談者によりよいアドバイスをすることができるでしょう。また、占いでよく相談されているのは”恋愛”についてたくさんの恋愛をして経験したことを占いでは活かすことができます。また、金銭面で苦労したことがある場合も同じくアドバイスをすることができるでしょう。経験をしているからこそ、より深いところまでアドバイスをすることができるため利用者からの評判も上がるでしょう。

努力を惜しまず勉強熱心な人が多い

占い師はただ悩みを聞けばいいという楽な仕事ではありません。悩みからどのようにしたらいいのかなどその人に合ったアドバイスをしなければなりません。また、鑑定をするときにも占術を使う必要がありますので常に勉強をする努力が出来る方は占い師に向いているでしょう。ちゃんと鑑定して、ちゃんと話を聞いて、ちゃんとその人のためになるアドバイスを出来てこその占い師なので、大変ですが頑張れる人が良いですね!

一般常識があったり人に気遣いが出来る人

一般常識というのは、これは占い師だけではなく、どの仕事でも必要なことです。初対面の人に適切なアドバイスをする中で言葉遣いができていなかったり自分だけ一方的に話していたりするのはよくありません。占い師というのはお金をもらっている仕事なので、結果だけを話せばいいという考えをしないように注意しましょう。